作品リンク案内

イラスト集

現ノ境界ーうつつのさかいー(電子書籍¥500)

ご購入はこちら


公開中作品(全てブラウザver)。

▶マンガボックスインディーズ(各物語の第1話に飛びます)
FLOWERS ⇒ こちら
Beyond ⇒ こちら
ふしぎ語り ⇒ こちら

▶パブー(各話ごと、新着順に表記されています)
作品一覧 ⇒ こちら

▶マンガ図書館Z ⇒ こちら
※現在FLOWERS.のみ公開中。


▶Instagram
プロフィールページ ⇒ こちら

2018年6月23日 (土)

Beyondプロット終了

前回の公開お知らせ、内容が変になったから書き直そうとしてたら直さんの執拗な(笑)ご飯催促にあい、焦ってUPしたら妙に短い内容になってしまいました。

そんなこんなで悪いのは直さんです(笑)


さて、現在PC周りはこんな事になってます

3

画質落としてるんで拡大しても内容は読めないだろう・・・と、加工するのサボりました。


手前がFlowers.の次回プロット、PC画面がBeyondのプロット。

LEDの位置が高すぎるから電気付けてるのに暗いです、こういう写真を撮ると卓上電気スタンドを買うかまた悩んでしまいますね。

それはいいとして、やっとやっとBeyondの最終章までのプロットが完成しました。


といっても、原稿の仕上がり具合をみて微調整入れるので最後までこれで「完成!」って言えるプロットにはなりませんけどね、一応今執筆中の内容で書き上げたので一安心してます。

以前書いたプロットに上書きしながら書いていくんですが、分かってたけど結構違ってきちゃいましたね。

基本的な展開軸は一緒なんですが、最初の展開ではリーシュの爆破って最後の方なんですよね「そういえばそうだったなあ」とか思いながら書き直してました。

というかリーシュの扱いを大きくしちゃったから、あの人を出してこの人を引っ込めて、この人のセリフと行動はこの人にやらせて・・・とかしてたら、元々描きたかった場面を丸々カットするハメになっちゃったり、と2日程キーボード打ちっ放しでした。

で、改めて思ったのは私はキャラを「駒」として見てるんだなと。


私はよく、長編作りを「ここにまず中心市街地を置いて、道路を延ばして住宅地を作って、それに並行してインフラ整備して・・・」等々、都市開発に例えるんですが、キャラはそこに配置する駒・・・都市開発で駒は変ですね、人物という「パーツ」かな。

そんな感じで作り上げていってます。だから同じような漫画描きさんに「ちゃびさんのお子さん達は」と言われると「いや、私産んでねーし」と、即思っちゃうんだろうなと。


・・・思うだけで口(文)にはしませんよ?決して。

「子供」というより「自分」って思ってますしね。


だって私が作り出したものですから、どこまでいっても自分の中身が反映されますし(意識的にも無意識的にも)。

ただ、アブイル等々の上司的キャラや主要男性キャラには皆モデルがいます。じゃないと、その辺は私、女なんで描けませんし。

まあ、でもギルは私でしょうね(笑)私の嫌~な部分。


作品に関してこういう、キャラと作者と直結させるような事は書かない方がいいと思ってるんですが・・・なんか今日は書いて、そして削除もせずそのままUPする気になりました。


お口直し?に、脱皮前の直さんでもドウゾ。

0

この後ゴソゴソ脱皮して寝転びます。

2018年6月18日 (月)

Beyond№17公開しました

17

少ないページ数の割に時間がかかりました(何故時間がかかったのかは、開いてもらえばすぐ分かるかと・・・)。

そして、時間かけて体力使って描いたものを喜んで頂けると、本当に嬉しいです。

読者の皆様、いつもいつもありがとうございます。

2018年6月11日 (月)

FLOWERS.№49公開しました

1

せっかくなんでオシャレさせた4人です。

着物の色は、私が勝手に決めた各人に似合う色なんですが、フィリがどこまでいっても寒色系しか似合わなくて困りました。

なんなんでしょうね、沙雪と同じ顔(笑)なんですが暖色系が似合わない・・・これはシエラも同じですが、各々の性格からきてるのでしょうか。

いや、性格なら沙雪が一番寒色系が似合うはずなんですが(笑)

私が自分の作ったキャラに対して抱いている一番の謎です。


それはともかく、これでやっと番外編終わって次回から本編に戻ります。


少しずつですがちゃんと終わりに向かって進んでるんで、読んで下さると嬉しいです。

2018年6月10日 (日)

ラグビー行ってきた

ええ、開催が決まった時点で本番も含め観戦すると決めてたんです。

でも私の脚がコレなもので、階段だらけの場所はそもそも行けないんですよ(いつかは行きたいと思ってる福岡ドームのロッテ戦も行けてないし)。

スタジアムの椅子も身体に合わなくて座る事できないだろうから、自由席を買ってウロウロしながら見ようと決めたんですね。

・・・で、昨日夫と一緒に日本対イタリアのテストマッチを見に、大分銀行ドームに行ってきました。

1

↑帰るときに撮ってないのを思い出して慌てて撮った写真。

イベントも沢山やってましたけど案の定一番賑わってたのが、今佐伯で合宿中の嘉風関ご一行。

やっぱりかり出されたのか!大変だな~とか話しながら中へ。

2

(リサイズして切れてるけど)指定席がガラッガラなのにまず驚き。

でも自由席の方は自分たちの席すら探せない程、人でごった返している事に驚き。

初めて見るスタジアムの席は、どうひいき目に見ても弱すぎる腰と深く曲げられない脚には全然優しくない作りなため、座ること自体を断念。

付近をウロウロしながら観戦することにしました。


そうこうしているうちにセレモニー開始

8

・・・でもここから何故か気になり出す、異様に手入れされてない陸上のトラック・・・。

夫は「使ってないんじゃない?陸上競技場がメインでしょ?」との事。

そういや小学生とかが使ってるニュース映像しか見たことないや・・・。

ちなみに夫は「トラックより張り足した(ペラッペラの)芝生が気になる!」と、始終そっちにハラハラしてました。


環境への文句はともかく、試合は本当に良かったです。

ここで(早慶戦の日程すら把握してない)ラグビー音痴な私の拙い文章より、スポーツニュース読んで下さった方が何倍もその迫力が伝わるかと思いますので、そっちをご覧下さい。

で、まあ行った方はお分かりかと思うんですけど、当日は立ち見厳禁だったんですよ。

なので警備員さんに追い払われた私達はトイレ休憩+パンフ購入を兼ねてその辺(外?廊下?)をウロウロしてたんですね、そしたら・・・出会ったんですよ!


レンちゃんとジーちゃんに!

(・・・レンちゃんはともかくジーちゃんって・・・)


でも写真撮ってないんです。


きっと「写真良いですか?」って聞いたらお連れのスタッフさんが撮ってくれたと思うんです。

でも絶対「ご一緒にどうぞ!」ってなるでしょ?それが嫌なの!

私はいいの!2匹だけのが欲しいの!

でもそんなワガママ言う45歳ってどうなん?ああ!でもでもでもでも・・・

とか悩んでた時



なんと夫がレンちゃんとハイタッチしやがった。


目は点になり、やっぱりスマホで撮って貰おうとバッグ開けかけた手は止まり、硬直した私を置き去りにして2匹はそのまま去ってった・・・。

夫に軽く殺意を覚えた瞬間でした。


・・・ま、ナマ2匹(←凄い表現)見れただけでも良しとして、もう一回席探してみようかとか言いつつ戻ってたら高校生の団体さんの一部が退場中。

「やっぱり動員だったか・・・」と話しつつ戻ると、自由席ががら空き状態(そりゃそうだ)。

警備の人も、空いた席に座って下さい-!と叫んでるので目の前の席に座ってみた。

・・・けど案の定無理!形状が適さない!これ健康体しか座れない!

結局私だけ座らずに見ました(一番後ろの席だったので)。

夫も暫くして「これ以上は無理!」とギブアップして立ち上がり、ダイナミックなゴールもちょうど見れたし(60分過ぎのヤツ)、テレビで録画もしてるし、電車の時間もあるし、なにより混むし、で帰りました。

まとめると、試合自体はダイナミックで興奮できて、生で見て損は無い!

けど、来年の本番は私は無理だなあ・・・全席指定になるし。

とにかく施設がよくない。

確かに車いすは入れる、スペースを多く取ってる。でもそれ以外の、私のような(生まれつき腰に強度がない、脚悪くて階段はなるべく避けないといけない)人間には不向きすぎる施設です。

私も30代の頃(というか今もだけど)頑張って筋肉付けて、建物の2階までならゆっくり上り下りできるまでに回復しましたけど、こういう場所は無理。


しかも外部階段に手すり無いし。

↑あっても使わないんだけど、あると無いとじゃ下りるときの不安の大きさが全然違うんですよ。


スタジアムはそういう作りだと分かってるけど、初めて行ってみて残念なため息しか出なかった。

↑でも「配慮しろ」とか言ってるんじゃないですよ、行けないなら行かないだけなんで。

本音言うと、脚が普通だったら3階の一番高い場所まで行ってみたいんだけどなあ・・・急な階段を上るだけでも楽しそう。

そんなこんなで試合は全部見られなかったんですが、帰ってから録画を見ました。



さすがにテレビの方が分かりやすい・・・けど、ずーっと気になってたのが男性アナの言い方。

「大分銀行ドーム」をひたすら「大分・銀行ドーム」と。

区切る箇所違うから!

それだと「大分にある銀行ドーム」にしか聞こえないよ!全ての銀行を集めたドームみたいで、ある意味興味が沸くけど!


・・・で、こういう事があると必ず夫に言っちゃう言葉。

「ここってそもそも何て名前だったけ?ナントカドーム?ビッグドーム?」

「最初はビッグアイ、正しくは大分スポーツ公園内の大銀ドーム。コロコロ名前変えるから定着しないんだろうね」

そうなんですよね、もう大銀の前の名前覚えてないし。

マリンスタジアムみたいに一カ所だけは絶対に変えないってすればマシなのに。

そして今、スポーツ公園の正式名称を調べてて、この一帯がもともと高尾山自然公園だったと知りました。

先日やってた地元局の、高尾山自然公園付近を散歩する~的な放送を「未だにここ、場所が分からん」とか思いながら見てた私は、やっと分かってスッキリしました(笑)

なんか横道に逸れましたけど、以上です。

長々な文章を読んで下さってありがとうございました!



健康な脚を持ってる人は是非、来年足を運んで下さいね。

ルール知らなくても面白いから!

2018年6月 5日 (火)

底回差し替え終わる

Dscn0359

貼る写真がなかったので、少し前の直ダルマ。

この子も大人になって、同じような写真ばかりになりました。たまに毛玉吐いて落ち込んだりしますが元気だし、同じ写真ばっかしか撮らせてくれなくてもいいかな。


さてFLOWERS.で一番不人気の回、第14話の差し替えがやっと終わりました。

一番最初の公開(セルシスのCLIPサイトでのヤツ)の時に全然読まれなかったからかな?14話って「不人気で底」のイメージが張り付いてます。

この回も結構突っ込んだ回なんですけどね、混乱させただけだったのかな。

その反省もあって、差し替えはもう一歩突っ込んでみました、沙雪が決定的な一言を放ってます。


そんな差し替えバージョン、お暇な時にでも読み返してみて下さい。

2018年5月29日 (火)

ん~、どうだろうな

FLOWERS.の第13話を修正したんですけど、結構中身を変えた・・・というより補足しました。


例えばこう↓だったのを

1

こう↓したとか

2

景の過去に触れた部分を増やしたんです。

それに比例して、譲樹との会話ももう少し「使命」に傾いた内容に変更させてます

とはいえ(後々分かるように)譲樹自身、面と向かって説得するのは良しとしなかったのもあって、ああいう会話になってしまいましたが・・・これ、初めて読む人には今まで以上にハードル高い回になってないか?と不安になっていたりします。


元々、この回は結構踏み込んで展開させるつもりだったんですよ。


でも、この内容だと「伏線張りすぎで余計に読まれなくなる!」と思い直し、うっすら分かる程度にして公開ました。

が、今度はうっすらというより薄すぎる内容が逆に気になってしまい、何度かセリフを差し替えてみましたがそれでも納得いかず・・・。

景の過去を描いた後の今、思い切って元の展開に戻したんです。

・・・余計分からなくなったかもしれませんが。

いやね。漫画図書館さんで公開している分も、他サイト同様じわじわと閲覧数を減らしてきてるんですよ(閲覧数の表示は累計なんですが、一定時間内の閲覧数の伸びがあからさまに減ってきてる)。

だから、私の勝手な推察ですが

「ああ、内容が分かりにくくなってきたんだろうなあ」って・・・。

分からないというより「動かない話に飽きた」って言う方が近いのかな?そんな感じなのかなと。


FLOWERS.は公開サイト全てで似たような読まれ方をします。


大体、1話で半分以上が脱落し、10話でまた半分脱落し14話が底になるんですが、それを越えると数に変化があまりなくなり、また徐々に増えてくる・・・って感じです。

まあ、閲覧数(マンボはお気に入りの推移)だけを見ての推測でしかないんですが・・・。


それでも続けて読んで下さってる方々や、今まさに「つまらない回」を読んで下さってる漫画図書館の読者さん方には本当に感謝!でございます。


これからも頑張って描きますので、どうぞよろしくお願いします。

2018年5月27日 (日)

ヤマト2202ちょこっとレビュー

25日以降いろいろ忙しくて、今日やっと見ました第5章。

一言で言えば



縁、縁、縁、縁うるせーよ


って感じな約2時間でした。


前章の「テレサ様直々、自己啓発セミナー」を見て嫌~な予感はしてましたが、まあ見事に

縁 縁 縁 縁 縁・・・

仏教思想の布教アニメなのかと錯覚する程でございました。


まあでも、その他は良かったですよ。キーマン、ちゃんと描いてくれてたし(あ、私キーマン推しです)。

以前、キーマンに誰かが「あなた様にナンチャラカンチャラ・・・」って言ってたシーンが入った予告をどこかで見て以来ずーっと出自を気にしてたんですけど、アラアラそうなの!似てないね~!っていう感じの出自でしたね。


でもキーマンの父ちゃんはちょっと・・・正直、弟さんより信用できないわぁ~家の中では人格違ってそう・・・っつか、ああいうキャラ苦手なんですわぁ~。

でも、弟さんはやっぱイイ感じに展開され始めましたね。

2199と上手く繋がってきて、これからも周囲を振り回して欲しいなと(笑)


戦闘シーンは毎度おなじみになった「コピペ戦闘画」ですけど、ズレていくレイヤー見るのも楽しいんで、私は好きです。

しかし、まあ・・・正直戦闘シーンって旧作の頃は私にとっては「退屈シーン」でして、結構寝落ちしたりしてたんですが2199ではそれがなくなって感動すら覚えたものです。

が、今回は久しぶりに寝ました・・・そんな感じ。何でだろう?

山南サンに緊張感がなさ過ぎるから?(笑)


まあそれはともかく、ガミラス人種の事に触れてくれたのは良かったです。地球人と全く同じって事は彼ら、ヘモグロビン持ってないの?って気になってたので。


・・・と、こんな感じです第5章。


ブルーレイは買うかな?前半は叔父+甥祭り(笑)なんで買ってもいいけど、心理描写をテレビ画面で見てもなあ・・・と、悩み中。

第6章公開は11月だそうで、結構時間あきますね。って2022って何章構成なんでしょう?


最終回までに1回は「高次元ナントカなテレサ様」を全否定する真田さんを見てみたいものですが


・・・無理ですかね。

2018年5月22日 (火)

Beyond差し替え

あまりの出来の悪さに「いつか必ず差し替えなければ」と心に誓っていたページを、やっとやっと!差し替えました。


それはBeyond第1話トビラ


司令棟も上手く描けず、しかも見開きに慣れずに単ページずつ仕上げたために、何もかもがズレて書き出されてしまったという、未だに描いた本人も見直す際に目を逸らしていたというあのページが生まれ変わりました!

6

文字もテキストも消しているので、モロ分かりですが・・・ええ、やっぱりズレました。

処理中以外のフォルダやらページやらにマスクがかかるじゃないですか。

なのでカラーだとマスクの色が邪魔をして確認しながら塗れないんですね。

描画色コピーすればいいじゃないか、というワケにもいかなんです。私その場(ページ上)で混ぜながら調整するんで・・・。


なんとかごまかそうと頑張った結果、ページどうしの境界線が妙に暗くなってなんとなく紙媒体の「ノド」の雰囲気になってしまったのは不幸中の幸いでしょうか。


今のところ、マンガボックスインディーズさんのみ差し替えてます。

よかったら確認してみて下さい。

2018年5月15日 (火)

インスタ映えはしない

という感じの内容で昨日インスタにUPしたこの写真

1

何の変哲もない、というよりなさ過ぎる我が家の勝手口です。


よく「この家で一番安らげる場所ってどこだろう?」と考えるんですが、炊事中にふと目に入った勝手口を見て「ああ、ここだな」と。

無機質過ぎるこの場所に、午後の日差しが差し込むと何とも言えず暖かみを感じてホッとするんです。

勝手口に行く、というより炊事しながらその風景を見て安心するって感じでしょうか。


引っ越しの日、何も置かれていないこの場所を見て「いいな、この感じ」と思ったんです。そして「何年経ってもこんな感じだといいな」とも。

(その直後に上がり框から転げ落ちそうになりましたが、お陰でここの段差には気をつけるようになったし、それはそれで良い経験でした。)


自分が描く絵には自然物を多く使ってますが、それは「ちゃびすこ」の私がテクニックとして使っているんであって、「本名」の私は子供の頃から変わらず無機質な物が好きです、ビルとかトンネルとか、空を横切る電線とか。

だから好んで見るイラスト集や写真集は、そういった物がテーマのものばかりです。


もちろん(といっても佐伯に来てからですが)自然物も結構好きになりました。

今の季節、新緑の山を遠目で見るのが好きなんですが「山単体」より駅やスーパーやトンネル等々、人工物の「背景」として見る方が断然好き。

元気が出ます。

それが晴天でも土砂降りでも・・・つまりどこまでいっても「絵」として見てるんでしょうけどね。




「絵」といえば、この写真も最初はインスタ映えさせようとアレコレいじったんですよ、インスタ搭載の機能で(オイ)。

でも表現したい「光」をメインにするとなると、モノクロくらいしか使えるフィルターが無くて

「えー?これをインスタ映え的に加工するんでしょう?だったら、ここに緑と茶系と紫使って、こっちボカシて、コントラスト重視で光を出して・・・」

って、完全に「これからイラスト描きます」モードになってしまいました(笑)

結局いじるのをやめて撮った写真そのままで(棚に置いている物を消してはいるが)使う事にしたんですが、我ながら映えない写真だなと。


・・・なんて、単に居心地い場所語りをするはずが結局「絵(画)語り」になってしまいました。


私らしいというか何と言うか・・・。

2018年5月 9日 (水)

予定通り時間かかるヤツ

今回のFLOWERS.のトビラは、思いっきりラフにするか予定通り厚塗りでいくかで悩んで、結局後者になりました。

1

フィリ以外全員おしゃれした事ないんでね(マフディアは一応王女なんだが…)、後編はおしゃれさせようと思ってたんですよ。

ただ、人数と構図がネックで「時間かかるしどうしようかな~」と悩んでいたワケです。

しかも、こういう構図は絶対に横長がいい!と思ってる作者ですが…公開サイトの関係上、縦長しか無理なんで(1度やったけど、凄く小さくなったしね)。


その代わりに?Beyondは簡単に済ませる予定、着物の柄に拘らなければすぐに描き終わるはず…!

ちなみにBeyondの方はマンガボックスインディーズのサムネ用も兼ねてます、いい加減にイルフィナを下げようと思ってたんで。


さて、FLOWERS.の修正もやっと12話に入りました。

…とはいえこの12話のコミスタファイルがtmpバグで大崩壊してたんで、手動で1枚1枚サルベージしましたわ…。

この辺のデータ整理も兼ねてるんでいいんですけど…疲れるわぁ…コミスタデータ。

«今し方の直さん

バナー

リンク集