無料ブログはココログ

作品リンク案内

公開中作品(全てブラウザver)。

 

▶マンガボックスインディーズ(各物語の第1話に飛びます)

 

FLOWERS ⇒ こちら

 

Beyond ⇒ こちら

 

ふしぎ語り ⇒ こちら

 


▶マンガ図書館Z

 

FLOWERS. ⇒ こちら

 

Beyond⇒ こちら

 


サバさんッ!⇒こちら




▶マンガハック

FLOWERS.⇒こちら




▶Instagram ⇒ こちら

 


▶Twitter ⇒ こちら

2019年11月19日 (火)

FLOWERS.番外編公開しました

8

今回はトビラ無しなので、作中カットを・・・って、一体どういう番外編なんだって感じですね 笑



当初15ページだったのを、17ページに増やして伏線入りの番外編にしました。

内容は、読んでからのお楽しみ?と言う事で。



ここ数日ネット環境壊滅状態で、いつ落ちるか分からないので今日はこの辺で。



Chromeが度々落ちるのなんて、可愛いレベルなんだなー・・・。

2019年11月13日 (水)

FLOWERS.№61公開しました

0_20191113081901 

珍しく「良く出来た」なんて思ったのに、イラスト公開先ではイマイチな反応だったトビラが目印です。



前回明らかになった景の事と、ザルバ、バエラの事が中心です。

前回同様重要な回なので、きっちりちゃんと描きたかったのにダメですねえ・・・結構ボロボロで仕上げてます。

さっき読み返したら(その実描きながら気づいていたけど)沙雪が仮眠をとっている場所の窓(ピーちゃんが帰ってきた窓)が、想像以上にサッシにしか見えない・・・。

刑舎近くの宿舎の窓も「昭和の壊れたサッシ窓」にか見えないんですけど、こっちはコンクリ造りだからまあいい。

でも州城はヨーロッパの古城もどきなんで、違和感満載。

「まあ、再建された日本の城もエアコンの室外機が見えてたりするし、いいか」とか一瞬思ったけど、良くない。

観光施設化された城と一緒にしてはいけない。

 

それは分かってるんですが・・・もう描き直す気力がありませんでした。



なんか、ここ数年ずっとこんな事言ってる気がするので、次回からはちゃんと落ち着いて進めようと思ってます(いや、毎回そう言い聞かせてるんですが・・・)。



で、その次回はすぐ来ます。番外編だけど17ページだしトビラ無いし。

なんで番外編をいきなり入れるかというと・・・読んでみて下さいとしか言えない。

 

そういえば、ハックさんでもFLOWERS.とBeyondを公開してるんですが、両作品とも意外と読まれているようで安心しました。

そこまで好まれる作品ではないのはいい加減自覚してますが、チマチマ頑張ろうと思います。

 

 

2019年10月31日 (木)

日々低くなる気温と、熱くなる直さんのパッション

何のパッションかって、それは当然「食欲」です。

 

数日前から荒く潰して柔らかくしたフードも与えられるようになりました。

いや、嬉しいんですけど・・・しかも少量ずつだから仕方ないんだけど、2時間おきに「お腹空いた」コールが激しい。



直さん、私に似て(ホントに)基本無口なんですよ。

お腹空いても、じーっと見つめるか舌なめずり(←吐く一歩手前の行動と同じだから凄く困る)するだけなのに、ここ数日は近所迷惑になるんじゃないか!?ってくらいの大声で鳴きまくります。

それはもう情熱的に、パッション!って鳴き方(どんなだ)。



まだ朝方吐いたりしてるんですけどね、でもここまで騒いでくれると嬉しいですね。

先週くらいまでは吐いた後は当然の事、食後や朝方の吐きそうな時間帯等々は直さん、凄く緊張してるのが見てても分かってたので。

今週は吐いても不機嫌になるくらいだし、呼吸による振動で酔ってずっと避けてた夫の腹の上にも、また乗るようになりました。



先生曰く「完全に良くなったと断言できないのがこの病気の特徴」でもあるので気は抜けませんが、一生付き合う病気であるなら今の状態は「安定しているので少しは安心していい」状態なのかなと思ってます。



ただ、今回の事で猫ニキビが例年よりキツく現れてるんですよね。これも口周りを清潔に保つしかないんですが・・・洗おうとすると逃げてくれます。

完全に投薬と勘違いされているようで・・・それでも薬じゃないと分かると安心するようですが、困ったものです。



2_20191031063701

調子がいいのでご機嫌・・・なのではなく、いきなり響いてきたヘリの音に驚いて窓の外を見る直。

ちなみにここにいる写真が多い理由は、私が動くとご飯を期待してすぐにここに上るからです。


1_20191031063701

ヒマさえあればここから、ご飯が出されたかどうかを確認する。

この時は隅にあるフードにロックオン。


 

3_20191031063701

フードとササミを食べて爆睡中。

2019年10月23日 (水)

FLOWERS.第60話公開しました

0_20191023135401 

↑このレース、手描きです。

ちょうど直の具合が一番悪かった時で、気もそぞろで描いたら「ふんわりレースの肩掛け」のはずが、ただのレースになっちゃいました。

沙雪の髪も段々と金髪っぽくなっていってます。

本編で触れる事はない(予定)ですが、沙雪の髪は最終的に金髪寄りの茶髪になります。

このトビラはそういう意味でも重要なトビラ・・・のはずだったんですが・・・人生いろいろありますね。



そんな感じで、本編も気が入ってません。

多分どころか相当に重要な回なんですが、隣で丸くなって寝る直ばかりに気がいってたので、リサイズ前(つまりさっき)になって間取りを描き直したりとか、アラをチラホラ発見しました。

サイドテーブル描き忘れてたりもしてるけど、まあいいや・・・。



でもこれ、直の事がなくても「面白く」描けてなかったんじゃないかなーとも思う。

プロだったらもっとこう、流れるような感じで感情豊かに仕上げられるんだろうなーなんて、さっき読み返しながら思いました。

あと、アナログだったら(せめてコミスタだったら)もっと場面に合ったいいトーン、あるのになあ・・・とか 笑

クリスタのトーンは使い勝手が悪すぎて、最近頼る気にもなりません・・・。



そんなこんなでどうにか仕上げた60話、よかったら読んでみて下さい。

 

 

2019年10月21日 (月)

調子に乗る猫

うーん、薬を飲むと吐く直さん。

そもそも吐かない為の薬なんだし、これだと飲ませる意味が無いなあ・・・

 

という事で、昨日からササミ汁を復活させたんですが、直さんは汁のみだと飲んでくれません。

仕方なく割いた身を2つまみ(ササミ1本の内、50以上分の1くらいの量)を更に細かくちぎって与えたところ・・・

100_20191021124501

なんて元気な目力!

200_20191021124501

この目力でササミを探します。

というか、おかわりを激しく要求されてます。

300_20191021124501

ていうか怖いです。



どうこういってこの日も夜に1度ミルクを吐いたんですが、今日はまだ1度も吐かず元気にウロウロしてササミを要求してます。

今もPC前で粘ってます 笑



ちなみに直さんはどっちに似たのか、上手くいくとすぐ調子に乗ります。

今回で言えば「吐かないから、もう固形物OKダヨ!」という感じでもっともっと!と要求されます。

そして当然もらえないから、機嫌が悪くなったり「可愛そうなボク」アピールに走ったりと、そこだけみれば普段通りです。



「おかわり!」と言われる度に「アンタ、今療養中だからね」と答えるんですが、果たして伝わって・・・いないよな。

 

 

 

 

2019年10月18日 (金)

直の様子

昨日夫だけ病院に行って、先生と話してきてくれました。

「もうそろそろ、ササミ汁とかも試していいよー」との事なので、日曜くらいに試してみようかなと話してたんですが。



今朝また戻しまして・・・。



戻すまでは、目もキラッキラで元気いっぱいだったんですけどね・・・寒いのも手伝って現在は私の足元マットで寝ています。

でも落ち込み方がだいぶ軽くなってきたような感じなんですよね、以前はそれこそ全身でゲッソリしてたのが今週はちょっとマシ。



そして以前は戻さなくても、固形物には一切手を出してこなかったのに、数日前から手を出そうとするし(触らせませんよ?)。

だから気持ち悪さも少しはマシになってきたのかなー?と。いえ、楽観視はできませんが・・・。



そして2日に1度、大きい方をするんですがやっぱり下痢で。でもこれは心配する必要はないそう(水分しか取ってないのに、固形物が出たら逆に怖いけど)。



感覚で言えば、昔の歌ではないけど「3歩進んで2歩下がる」感じだったのが、1歩下がる程度には回復したかなー?って感じです。



ゆっくり治していこうと思います。



※直が落ち込んでるので写真は撮ってません。

 

2019年10月 8日 (火)

昨日からミルクです

まだまだ安心はできない直さんですが、一歩前進して昨日の夜から子猫用ミルクを舐められるようになりました。

成猫用でないのは、高カロリーだから少し舐めればOKという理由なんでしょうが、そもそも気に入ってくれるのか不安でした(子猫の頃に試したら見事に嫌がられたので・・・)。

なので、舐めてくれて心底安心してます。


先生には「ミルクに薬を混ぜてもいいよー」と言われてるんですが、薬の間におやつ感覚で舐めさせてます。

今のところは吐いてないので、このまま上手くいってくれるといいのですが・・・・。



薬と言えば、最初シリンジで与えてたんですよ。

でも当然のように嫌がるし、少ししか飲んでくれないし・・・。

そこで「薬と流動食をゆるめに練ったものを、寝惚けている時に鼻に少し付けてみる」作戦に切り替えました。いや、これなら寝惚けてペロっと舐めてくれるのでは?と思って。



結果は大成功でした。

鼻に付けた瞬間は「!?」って感じになるけど、ペロっと舐めてそのまま寝ます。練ってる分シリンジより分量も多いし、この方が直にはいいんじゃない?という事でシリンジを止めたんですが、止めた途端に出ました・・・大きいのが。



いや、全然固形物食べてないので細い筋みたいなのが1本だけですが、ちゃんと出るようになりました・・・って、これもストレスだったのか!シリンジそんなに負担だったのか!・・・と驚くやら申し訳ないやら。



薬入り流動食+ミルクは1週間ほど続きます。

無事、吐かずに過ごしてくれたらいいなあ・・・。

1_20191008051901

全然食べてないので痩せました。

2_20191008051901

食べてないけど元気です(流動食凄ぇ)。

ちなみこの時は、お腹が空きすぎて私に文句言ってまして、この後初めてミルクをあげたら夜中まで爆睡してました。

2019年10月 5日 (土)

直さん頑張ってます。

昨日、夫だけ病院に行って直さんの今後を相談してきました。

結論としては「薬入り流動食続行」。

吐かなくなったら、流動食にヨーグルトや子猫用ミルクを混ぜてしばらく様子見。吐いたら振り出しに戻る。

を繰り返しながら、少しずつ固形物を食べられる方向に持って行こうと。



実は30日に病院で血を吐いたんですよ、ほんの少し。

で「検査していないんで分からないけど、腫瘍の可能性がある」と。

そこでもう夫婦2人、目の前真っ暗になってしまって・・・。



それでも「やれる事はやろう」と、夫も仕事をセーブしてくれてこの1週間2人と1匹で頑張ったんです。

そうしたら・・・



・(絶食してるからなんだろうけど)眼光鋭くなってきた、というか生き生きしてる。

・毛づやが良くなってきた(抜け毛少ない)。

・絶食して体力無いはずなのに、机の上に一発で上れる。

・食欲、バリバリにある。

・トイレ、大は出ないけど小はいつも通り(回数少なめ)。



危篤状態で、今週が峠なはずなんだけど・・・?と首を傾げましたが、そもそも数値では内臓は異常なしなんです。

そして何より、直さんは大の病院嫌いで、しかも吐血した当日は1時間以上待たされ犬に囲まれ、震えていたそうです(私はこの日、ぶっ倒れてたんで付き添ってません)。

つまり、それだけストレスフルだったのでは?と(夫・談)そして以降は出血してないし。

事実、昨日は予約段階で先生が「直ちゃんは来なくてもいいですよー」と言ってくれたそうで、多分先生もその辺分かってる・・・ような気がする。



とか言いつつ、さっきも寝ている夫の腹の上で吐いたんですが、これは状況から考えて・・・夫の呼吸で起こる振動に酔ったんだと・・・。
ここまで来るとさすがに吐き方のパターンも分かってくるし、何より一番悪い「食べた直後」でないので、ひとまず安心しようと心がけてます。

その実凄く落ち込みましたが、直さんは私達が落ち込むともっと不安そうな表情になるんですよ。

だから、一番身近で看病してる私達が冷静に判断して、意味なく落ち込む事を止めるように心がけようね、とさっき話し合いました。



そんなこんなで、長期戦の療養は続きます。

とりあえず、流動食を自分から食べてくれるようになると有り難いんですが・・・。

0_20191005065301

30日、病院から帰って少し経った頃の直さん。

弱ってる時は決して写真を撮らないんですが、何故この時撮ったのか分かりません。というかこの時、私はボロ泣きな上足腰立たない程弱ってましたので、もう思考回路もズタズタだったんだと・・・。



でも、慣れですかね。だいぶ・・・本当にだいぶ慣れてきたんで、頑張って給餌していこうと思ってます。



あ、そうそう。

せっかく手に入れたラグビーのチケットは今回のせいで使えなくなりました(当日、代わりに行ける人も見つからなかった)。

でもまあ、平日の7時開催だと帰宅できなかった可能性の方が大きいし(実際大混乱だったみたいだし)、直さんの方が大切なのでいいのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年9月30日 (月)

FLOWERS.№59公開しました。

1_20190930063301 

今回の冒頭シーンがトビラなんですが、マント羽織らせました。

譲樹の物なのですが、まだ登場しません・・・という事で時系列的におかしくなるし悩んだんですが、羽織らせないと質素すぎてトビラにならないので描いちゃいました。



内容はもう鬱々してます。

しかも最後の方は、直さんの事で私が鬱々している(現在進行形)ので仕上がりもよくないです。



そんな59話ですが、どうぞよろしくお願いします。



・・・今日も直さんは病院です。

 

2019年9月28日 (土)

病院行ってきました

吐き気が止まるまで服薬しながら、通院して吐き気止めの注射と輸液を続ける事になりました。



辛いなあ・・・でも飼い主のせいだから頑張らないといけないな。

でも、身体が動かないから困ってしまう。

それでも直の事を思ってキャリーを抱えるけど、生まれつき不具合を抱えてる身体は本当に厄介だな・・・とこういう時は心底思う。

いや、それも言い訳だけど。



頑張ろう。

それしか言えない。

«妙なジンクス